紙の種類について

紙の種類について

About paper

紙の種類について

デザインが決まったら、次は紙を決めなくちゃ!

でも、マットコートって何?

ホワイトアートポストってどんな紙??

正直、どの紙がどんなものかさっぱりわからない!
という方も多いはず!

そこで、それぞれの紙の特徴を並べてみました。

マットコート 180㎏

つや消しのコーティングを施した用紙です。
光沢を抑え、落ちついた仕上がりになります。

しっとりとした質感と手触り感です。

インクの沈みが少ないため、文字や似顔絵がはっきりと印刷されます。
文字もくっきりしていて読みやすいです。

紙自体はマットですが、光を当てると印刷部分には少し光沢があります。

紙の色は4種類の中で一番白く(少し青みのある白)、仕上がりは高級感があり、クールでスタイリッシュな印象の名刺にぴったりです。

ホワイトアートポスト 180㎏

表面に光沢コーティングを施した厚みのある用紙です。

光沢があり、ツルっとした手触りです。

インクの沈みが少ないため、文字や似顔絵がはっきりと印刷されます。
文字もくっきりしていて読みやすいです。

光を当ててみると、印刷した部分だけでなく、表面全体に光沢があるのがわかります。

写真の再現に優れており、絵葉書やポストカードなどにも使われている紙なので、華やかなデザインや、鮮やかな色を多く使っているデザインにおすすめです。

ケント紙 220㎏

製図やデザイン用の紙としてもよく使われる純白の紙で、厚みがあり、硬くて表面の強度も強い紙です。

触り心地は滑らかで、落ち着いた風合いになります。

表面に加工がされていないため、鉛筆で書き込みができ、ボールペンやマジックもにじまず書くことができます。

文字を書きこんで渡される方はもちろん、相手の方も筆記用具を選ばずいろいろ書きこめます。

紙の表面は薬剤でコーティングされておらず、光を反射しないので、どの角度から見ても文字が読みやすいです。

しっかりとした厚みがあり、硬くて折れ曲がりにくいです。

上質紙 180㎏

ノートや、ハガキにも使われている、比較的普段から馴染みのある紙です。

ノートにも使われる紙なので、文字が書き込みやすく、名刺に文字を書き込んで渡される方にもおすすめです。

サラッとした手触りです。

インクを多く使うデザインよりも、シンプルなデザインの方が向いています。

紙の表面は薬剤でコーティングされておらず、光を反射しないので、どの角度から見ても文字が読みやすいです。

ほんのりクリーム色で温かみがあります。

紙の厚さについて

紙の厚さは一般的に「㎜」ではなく「㎏」で表示されます。

この重さは、その用紙の原紙を1000枚積んだ時の重さで、この重さが重くなるほど厚みが増します。

また、紙の種類によって同じ重さでも厚みが違います。

左の写真は、それぞれ50枚重ねた時の厚みです。

同じ180gでも、マットコートやホワイトアートポストに比べ、上質紙は厚く、220㎏のケント紙と同じくらいの厚みがあります。

厚みがほぼ同じ上質紙180㎏とケント紙220㎏ですが、硬さ的には上質紙はやわらかめ、ケント紙の方が硬くてしっかりしています。

マットコートやホワイトアートポストは、ケント紙、上質紙に比べて薄手でやわらかめです。

【名刺印刷 料金表】

紙の種類 100枚 200枚 300枚 400枚 500枚
上質紙180㎏ 2,100円 4,000円 5,800円 7,500円 9,100円
マットコート180㎏ 2,100円 4,000円 5,800円 7,500円 9,100円
ホワイトアートポスト180㎏ 2,100円 4,000円 5,800円 7,500円 9,100円
ケント紙220㎏ 2,100円 4,000円 5,800円 7,500円 9,100円
  • サイズ: 55㎜×91㎜
  • カラー: フルカラー
  • 表面だけの印刷も両面印刷も同料金です。

名刺ケース(紙製)プレゼント

名刺印刷1注文につき、名刺ケース(紙製)1ケースプレゼントいたします。
※名刺はケースに入っておりません。別々の状態で納品となります。

納期

名刺印刷を注文の場合、納期は+約7日かかります。

いかがでしたか?
少しでも紙選びの参考になればうれしいです。
お好みの紙で、素敵な名刺を作ってくださいね!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ログイン情報を入力して下さい。

                   

会員登録をしていない方は新規会員登録(無料)を行って下さい。
パスワードを忘れた方はパスワード発行ページからご確認ください。